ジルコニア・セラミック治療

ジルコニア・セラミック治療のこだわり

「ジルコニア」「セラミック」とは

「ジルコニア」は金属以上の強度を持つ素材です。その強度とセラミックに次ぐ美しさを生かし、奥歯に使われたり、セラミッククラウンの内側に使われたりします。
「セラミック」は陶製の白い美しい素材で、質感や透明感が天然歯に限りなく近く、前歯やクラウンの外側に使用されます。
大阪・梅田の愛歯やまだ歯科では、使用する箇所や患者様のご希望によって、それぞれの特徴を活かして組み合わせ、「患者様にご満足いただける治療」を行っております。

やまだ院長のここだけの話

ジルコニア――いわゆる人工ダイヤモンド。
笑顔になれば、人工ダイヤモンド(ジルコニア)の反射光が相手に届き、心を射止めることができます。

顔貌やメイク、ライフスタイルとのバランスを考慮した詰め物・被せ物

顔貌やメイク、ライフスタイルとのバランスを考慮した詰め物・被せ物ジルコニアやセラミックには「一般的にここにこう使うべき」という認識が存在します。
しかし、当院ではすべての患者様に一律に一般的なご提案をすることはいたしません。患者様の顔貌やメイク、ライフスタイルに合った詰め物・被せ物を選びます。
特にメイクをすると目や口の角度も変わりますので、それらを考慮してバランスを取らなければならないと当院は考えます。瞬間的に噛みしめるような激しいスポーツをされている方と、そういった習慣のない方とでは、ご提案内容は異なります。
患者様にとってのベストと言える素材とその形状、また組み合わせをご提案しておりますので、安心してご相談の上、分からないことは何でもお尋ねください。

このような詰め物・被せ物のお悩みございませんか?

  • 天然歯と変わらない審美性を持つ詰め物・被せ物を使いたい。
  • 身体に優しい素材を使いたい。
  • 審美性と機能性を兼ね備えた詰め物・被せ物を探している
  • 金属アレルギーが心配。
  • 被せ物が割れてしまったことがある。
  • スポーツなどで噛みしめることがあるため、奥歯に硬い素材を使いたい。
  • 希望に合った素材を使える歯医者を探している。

当院で扱う詰め物・被せ物の種類

ジルコニア

 

ジルコニア元々セラミックの一種ではありますが、現在は一般的にセラミックと分けて「ジルコニア」と呼ばれています。金属以上の強度と耐久性が最たる特徴ですが、その白さや透明感もセラミックに次ぐレベルを有しています。奥歯やセラミッククラウンの内側に使われるケースがよく見られます。

メリット
  • 強度、耐久性に優れた素材です。
  • セラミックに次ぐ美しさを持ち、白さ、透明感とも天然歯に近い素材です。
  • 安定した素材ですので、変色や劣化が起こりにくくなっています。
  • 奥歯など、負荷のかかりやすい箇所にも使用できます。
  • 金属アレルギーの心配がありません。
デメリット
  • 天然歯を削る量が少し多くなります。
  • 修理が難しく、破損したときは再作製になる場合があります。
  • 確率は高くありませんが、割れてしまうこともあります。

セラミック

天然歯に限りなく近い白さ・質感・透明感を持つ陶製の素材です。その美しさから、前歯などの見えやすい部分に問題なく使用できます。汚れやプラークが付着しにくい表面構造をしており、お手入れもしやすくなっております。

メリット
  • 天然歯に限りなく近い白さ・質感・透明感を持ちます。
  • 歯面に汚れやプラークが付着しにくく、お手入れのしやすい素材です。
  • 金属アレルギーの心配がありません。
デメリット
  • 天然歯を削る量がやや多くなります。
  • 転倒などの強い衝撃などで割れてしまうことがあります。

オールセラミッククラウン(e-max)

オールセラミッククラウン(e-max)「ニケイ酸リチウムガラス」を主成分としたセラミックです。セラミックの中でも特に透明感に優れた素材です。

メリット
  • セラミックの中でも透明感に優れています。
  • 強さだけでなく柔軟性を併せ持つため、周囲の歯を傷つけることがありません。
  • ステインによる変色の起こりにくい素材です。
  • 金属アレルギーの心配がありません。
デメリット
  • 奥歯などの大きな負荷がかかる部位には使用できないことがあります。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックセラミックと歯科用プラスチックを混合したものです。それぞれの良さを併せ持ち、ジルコニアやセラミックと比べると費用を抑えて作製できます。

メリット
  • 天然歯に近い白さを持ち、見た目にはほとんど差がありません。
  • 金属アレルギーの心配がありません。
デメリット
  • 歯科用プラスチックが使用されるため、セラミックと比べると変色しやすくなります。
  • 割れてしまうことがあります。

メタルボンド

メタルボンド内側を金属で、外側をセラミックで作る被せ物です。金属の強さと、セラミックの美しさを活かした構造になっています。

メリット
  • 外側のセラミックにより、天然歯のように白く仕上がります。
  • 内側が金属であるため、耐久性に優れます。
  • 幅広い症例に使用できます。
デメリット
  • 美しさという点では、セラミッククラウンにやや劣ります。
  • 光の当て方によっては、中の金属が透けて見えることがあります。また、内側からは一部金属が見えてしまいます。
  • 金属アレルギーのリスクがあります。※内側の金属を貴金属にすることで、金属アレルギーのリスクを下げることができます。

ゴールド

身体への親和性の高いゴールドは、金属の中では身体に優しい素材と言えます。適度なやわらかさがあり、奥歯に使用しても噛み合う歯を傷つけることがありません。

メリット
  • 身体への親和性が高く、金属アレルギーのリスクも低くなります。また、二次的な虫歯が起こりにくい素材です。
  • 強度を持ちながらも適度なやわらかさがあり、幅広い症例に使用できます。
デメリット
  • 金色ですので、口を開けたときに目立ちます。

保険の詰め物・被せ物

コンポジットレジン

保険診療で使用する、歯科用のプラスチック素材です。

メリット
  • 白い素材のため、目立ちません。
  • 治療期間が短くて済みます。
  • 歯を削る量が少なくて済みます。
  • 金属アレルギーの心配がありません。
  • 比較的修理のしやすい素材です。
デメリット
  • 自費診療の白い素材と比べると、透明感、質感に劣ります。
  • セラミックとは異なり、経年劣化により変色が起こりやすい素材です。
  • 割れることがあります。

メタル

保険診療で使用する、銀合金素材です。

メリット
  • 強度に優れ、負荷のかかる部位にも使用できます。
デメリット
  • 金属ですので、口を開けたときに目立ちます。
  • 金属アレルギーのリスクがあります。
  • 詰め物の場合、キャラメルなどを食べたときに取れてしまうことがあります。
  • 経年劣化により、金属の溶けだしや変色が起こることがあります。

ジルコニア・セラミック治療についてこんな質問がありました!

自費の詰め物・被せ物と保険の詰め物・被せ物の違いは何ですか?

よく持つか持たないか、キレイかそうではないかの違いです。

ジルコニアやセラミックに保証はありますか?

保証はあります。ケースによって異なりますので、治療を始める際にきちんとお伝えさせて頂きます。

銀歯をセラミックにしようと思っていますが、クレジットカードで支払いできますか?

クレジットカードでお支払い可能です。